機器メンテナンスに役立つロチェスターの半導体とは

産業機器などの寿命は20年から30年とされますが、その修理用の部品はその前に生産が中止されています。そのような製造中止となった部品を安定して提供するために、ロチェスターが半導体を生産しています。これはメーカーの認定を受けて、生産が終了した部品を独自に製造し、販売するというものです。医療機器などでも故障による修理に活用できるために需要を集めています。中には医療機関向けに部品を長期提供するメーカーもありますが、このような再販の部品が普及することによって、多くのメーカーのサービスセンターが安心して保守点検を行えるようになります。ネット通販を通して供給されるので、大量に仕入れることも簡単に行えます。これからもさらに、生産を修了するメーカーの部品に対応することで、現役で活躍している機器を安心して使用できます。

生産中止となった部品を提供できる理由とは

生産が中止となった半導体を生産するロチェスターでは、メーカーの同意を得た上で製造に必要な部品のIP情報を入手しています。それを利用して独自に製品を製造しているわけです。すでに60社を超えるメーカーの公式な認定を受けたセカンドソースサプライヤーとして、2万点を超える部品を生産しています。これによって多くの工業機器などが買い替えをせずに修理しながら稼働を続けることができることになります。これは設備投資のコストを削減することにつながり、企業の利益率を高めることにもつながると見られています。すでに15000平方メートルを越える工場で、このような再生産となる部品の製造を行っています。これによって部品メーカーの古い製品の提供コスト負担を減らすことにも役立つと考えられます。

ネット通販による購入の利点について

再生産による半導体を供給するロチェスターの部品は、ネット通販で購入することができます。企業間の取り引きによって、その取り引き実績に応じて料金が安くなるのが特徴です。企業間取り引きでは代金の振り込みに時差があるために、信用力が必要となります。そのために多くの取り引きを重ねるごとに、その信用力が高まるというわけです。その結果、同じ部品であっても取り引きする企業によって価格は異なるようになります。さらに大量に購入する際にも価格は安くなりますし、そのような大口の顧客がいれば生産計画も立てやすくなります。その結果生産コストをさらに削減することにつながり、供給コストが下がるというわけです。このような流れによって、メンテナンスのための部品調達がさらに行いやすくなります。