部品を再生産するロチェスターの半導体によって受ける恩恵とは

工業機器などに使用される部品は新製品のサイクルが早いために、修理に必要な部品の確保が難しくなります。そこでロチェスターが生産する半導体が多くの需要を集めています。これはすでに生産が終了した部品を改めて製造しているものです。供給を停止したメーカー自身からの認定を受けることで、同じ機能を持つ部品を製造し提供しています。このような部品が流通することによって恩恵を受ける企業は多くあります。例えば工場では修理が不可能となった機器を新しいものに買い替えるとなれば、設備投資のコストがかかります。けれどもメンテナンスにより故障した際にも修理対応できれば、その費用だけで済むことになります。他にも病院の機器など、恩恵を受けるところは多くあることが分かります。

メンテナンスを行う業者の場合とは

工業機器などは比較的寿命が長いので、その間メーカー以外のメンテナンス業者が修理対応することになります。その場合、対象となる機器で使用する部品が製造されないとなれば修理対応できなくなります。そこで前もってある程度の部品を確保し、在庫として確保しなければなりません。けれどもロチェスターの提供する半導体があれば、必要な時にいつでも入手することが可能となります。ネットで簡単に注文することができるので、修理が必要となった時に手配しても十分に間に合います。そのために無駄に部品の在庫を抱える必要がなくなりますし、メンテナンス費用にもその分を反映させることができます。このように修理点検に関わる業者の負担を減らすことで、様々な企業がコスト削減を行えるようになるわけです。

再生産ができる理由とその背景について

ロチェスターが製造中止となった半導体を生産できるのは、その生産を中止したメーカーの認定を受けることができるからです。これは外部委託という形にもなりますが、部品メーカーは常にライバル会社との差別化のために、新しい部品の開発を進めています。その結果早いサイクルで新製品を投入し、古い部品の生産は重荷となってくるわけです。その生産ラインを新たな部品生産に回すことで、市場投入に力を入れることができます。その結果、古い部品は生産ラインを失い、市場への流通が止まるわけです。そこでこのような再生産を行える業者に依頼することで、従来の顧客への部品供給を維持させることが可能となります。まさに両社にとってはプラスとなる取り引きというわけです。それがさらに機器を利用する業者にもプラスに働きます。