生産中止の部品を生産するロチェスターの半導体について

半導体生産メーカーのロチェスターは、生産が中止された部品をメーカー認定の元に製造しています。これは修理を必要とする産業機器などにとっては非常に助かるものです。多くの機器は寿命が長く、中には30年ほど稼働するものがあります。けれども部品の開発サイクルは早く、古い部品はすぐに市場から姿を消してしまいます。そのために産業機器は故障しても、修理ができないケースが出てきます。そのような時に、このような再生産部品があれば修理できるようになります。その結果、工場などは機器の買い替えが不要となるために設備投資のコストを削減できます。病院で使用している機器も安心して使用することが可能です。認定メーカーの数も増えていますし、生産が終了している部品も多くカバーされるようになっています。

再生産することができる理由について

電子部品は製品サイクルが短く、すぐに古い部品は入手できなくなってしまいます。そのために半導体の再生産を行うロチェスターの需要が高まっていますが、その数も増加しています。そのような再生産が可能となる理由は、多くの部品メーカーが古い部品の生産を続けることに負担を感じることにあります。そのために認定を受けて、部品のIP番号を取得することができるというわけです。それを使って独自に同じ性能を持つ製品を生産して供給しています。このような部品を必要とする機器は数多くあります。工業製品を生産するための機器や病院でも稼働していますが、その寿命はかなり長いものです。その間に使用している部品は市場から姿を消してしまうので、これまでは修理が難しかったものですが、再生産部品を利用できるというわけです。

修理メーカーにとっても利点について

多くの産業機器や医療機器は古いタイプのものが稼働していますが、その修理メーカーは部品の確保がこれまでの課題でした。新たな製品が提供されるたびに使用する部品数は増え続け、さらにその生産が終了する前に、ある程度の在庫を確保する必要があったからです。どの程度必要になるのかもわかりませんし、購入コストもかかります。さらにその在庫コストも負担となります。けれどもロチェスターの提供する再生産部品が手に入ることで、そのような在庫確保も不要となっています。必要な時にすぐネットで入手できるので、無駄に在庫を抱えることもなくなったわけです。このような効率化によってメンテナンス費用も安くすることができるので、サービス提供を受ける工場や病院の負担も削減されることにつながります。